少年よガジェットを抱け!! TO BE WRITER!

【俺を好きなのはお前だけかよ(17) 】短編集!|もうちょっとだけ作品の余韻に浸りたい人向け【完結】

2022/01/29
小説 0
俺を好きなのはお前だけかよ

ライトノベル「俺を好きなのはお前だけかよ(17) 」の感想


初稿:2022.01.29
改稿:2022.01.29
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事はライトノベル「俺を好きなのはお前だけかよ(17) 」の感想記事です。(ちょっとネタバレあり)


1.ライトノベル「俺を好きなのはお前だけかよ(17) 」とは




出典:Amazonジャパン https://amzn.to/3r9XqLG

ライトノベル「俺を好きなのはお前だけかよ 」は16巻で完結しました。
17巻では裏話的なエピソードを集めた短編集的な仕上がりになっています。

あらすじについて確認しておきましょう!

あらすじ
ここで質問。本来の自分を偽り、鈍感純情BOYとして振る舞うことで、
美少女達とキャッキャウフフと過ごすという大いなる夢が潰えた時、君ならどうする?
 絶望だよね。
しかも隠していたクソ野郎の本性を知られたら、もう人生詰んだよね。
 だが、世の中とは不思議なもの。その後も様々な事件に巻き込まれた結果、
俺の夢はある意味叶ってしまったのだ。
 なあ、愛しのマイハニー、菫子よ!
「おはよう、ジョーロ君。ふふふ、今日も豚の排泄物のような顔面ね」
 ……ウン、全然叶ってないね。
ここは気を取り直してアニメ『俺好き』BD/DVDの特典SSから厳選・加筆掲載された
珠玉のエピソードを読むとしよう。
 フムフム、全ての始まりはやはりあの場所だったか……って気づいたら今度こそ本当にエンディングかよ。
では、最後に俺から一言。
 ……俺が好きなのは、みんなだよ。

引用元
https://amzn.to/3r9XqLG


17巻はこのシリーズが好きな人向けのファンディスク的な感じですね。
ということで感想にいってみましょう。

俺を好きなのはお前だけかよ(17) (電撃文庫) Kindle版

Amazonで詳細を見る
https://amzn.to/34niCVK




2.ライトノベル「俺を好きなのはお前だけかよ(17) 」の感想



始めに言わせて頂きます。
P.4のブリキ先生が描いた渾身のカラーイラストは必見!

1巻を読んだときに感じたミステリー的な要素を持つラブコメも15巻、16巻と大きな伏線を回収して
無事大団円を迎えたと思います。

17巻は短編集なので、各エピソードのネタバレを回避するため一番お気に入りの
エピソードだけ感想を書きたいと思います。

それは「第二章 俺は生徒会長とたたかってみる」です。

「俺を好きなのはお前だけかよ(17) 」P.55
出典:「俺を好きなのはお前だけかよ(17) 」P.55

実はこのエピソード高校の話ではなく、ジョーロ君達が中学生の頃のエピソード。

なので生徒会長はコスモスではありません。
このエピソードを踏まえてメインストーリーのコスモスを思い返すと結構来ますね。

毅然とした印象の強いコスモスがどうしてそうなったのか?
中学時代のコスモスはどんな女の子だったのか?
本編では描かれなかった非常に良いエピソードですね。

メインヒロインとしてパンジーがいなくても、コスモスがメインヒロインとして
1作書けてしまった説すらあります。

そのくらいコスモスが可愛いんですよ!

「俺を好きなのはお前だけかよ(17) 」P.114
出典:「俺を好きなのはお前だけかよ(17) 」P.114

中学生時代のコスモスの可愛らしいこと。
コスモスファン必読!



3.まとめ



17巻はファンディスク。
16巻で一旦完結した作品ではあるものの、この作品に思い入れのある方は読んで欲しいと思います。
もう少しだけ作品の余韻に浸れることが出来ると思います。


俺を好きなのはお前だけかよ(17) (電撃文庫) Kindle版

Amazonで詳細を見る
https://amzn.to/34niCVK



<関連記事>


【俺を好きなのはお前だけかよ(16) 】ラブコメめでたく完結!|でも17巻へ続く!【感想】
https://yoshinagon.com/blog-entry-1855.html

【俺を好きなのはお前だけかよ(15)】2人の菫子の関係|ジョーロはどちらのパンジーを選ぶのか?!【感想】
https://yoshinagon.com/blog-entry-1779.html

【俺を好きなのはお前だけかよ(14)】ついに運命の時|いつまでもラブコメではいられない!
https://yoshinagon.com/blog-entry-1639.html








Comments 0

There are no comments yet.
小説