【掲載禁止】いつもどおり視点がひっくり返る展開の短編集|今回もいい意味で期待を裏切ってきます!【長江俊和著】


小説「掲載禁止」の感想---いつもどおり視点がひっくり返る展開の短編集!


初稿:2023.10.01
改稿:2023.10.01
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は長江俊和著の小説「掲載禁止」の感想記事です。




1.はじめに



1.1 小説「掲載禁止」とは


amazonamazon
出典:https://amzn.to/45fqwtT

長江監督の〇〇禁止シリーズの新刊(?)が電子書籍でリリースされたいました。
読書量が激減しているので、気づきませんでした。

早速購入して読了しましまいました。
前情報一切なしで購入したので、作品の概要について確認していきたいと思います。

1.2 ストーリー概要


本作は短編集です。
ということで、どういった作品が収録されているのかAmazonさんのあらすじを参考に確認しておきましょう。

あらすじ
人の死を見るツアーに参加したジャーナリストが目にした異様な光景(「原罪 SHOW」)、
マンションの天井裏に潜む歪んだ愛(「マンションサイコ」)。
恋愛していたら決して読んではいけない戦慄作「斯くして、完全犯罪は遂行された」の他、
不気味な読み味の「杜の囚人」と、どんでん返しに言葉を失う表題作「掲載禁止」。
繰り出される謎と仕掛けに、一行たりとも目を離せない衝撃の作品集!

引用元
https://amzn.to/45boTgO


ちょっとタイトルだけではどんな物語なのか分からないですね。
ミステリーやサスペンスが好きなワタシとしては、ワクワクしますね!


amazonamazon
掲載禁止(新潮文庫) 禁止シリーズ

Amazon.co.jpで詳細を見る
https://amzn.to/45fqwtT



2.感想



各エピソードの感想をネタバレしないように簡単に感想をまとめていきたいと思います。

2.1 原罪SHOW


素直に読んでいって最後でちゃぶ台をひっくり返されるパターンでした。
長江作品のテンプレ的な作品で、かなり好きです。

2.2 マンションサイコ


この作品は怖いです・・・
気持ち悪い怖さのある作品で、異なる二種類の怖さが混ざった作品。
混ぜるな危険!って感じです。

2.3 杜の囚人


小説であるが故に成り立った作品と言えるかもしれないです。
映像化はかなり難しい印象。
映像化禁止!って作品ですね。

2.4 欺くして、完全犯罪は遂行された


この作品は完全犯罪であるがゆえに、どんな犯罪が行われているのか読者にもよく分からないという作品。
作中に不完全犯罪はあるわけですが、本題になっている完全犯罪と言われる行為はないような・・・
裁きようがない罪というか・・・まさに完全犯罪です。

2.5 掲載禁止


謎の集団「品格会」をテーマに描いた作品。
短編にしないで長編でもっと重厚長大に描いてもよかったかも?という印象を受けました。


3.総評



本作は長江作品が好きな人であれば購入して損はない作品だと思います。
「出版禁止」シリーズに通じるエッセンスはあるので、心配無用です。
総評ですが★4つです。



amazonamazon
掲載禁止(新潮文庫) 禁止シリーズ

Amazon.co.jpで詳細を見る
https://amzn.to/45fqwtT



<関連記事>
【出版禁止 いやしの村滞在記】呪いはあったのか?|ドキュメンタリー?【感想】
https://yoshinagon.com/blog-entry-1884.html

【長江俊和著 出版禁止】秀逸な○○ドキュメント!|視覚の死角とは?!【感想】
https://yoshinagon.com/blog-entry-1887.html

【出版禁止 死刑囚の詩】死刑囚の残した短歌の謎|読了後に感じた微かな救い【感想】
https://yoshinagon.com/blog-entry-1889.html







更新順
小説