少年よガジェットを抱け!! TO BE WRITER!

【悲報】「RTX3080」サーマルパッド交換に失敗したら起動しなくなった(涙)【仮想通貨マイニング】

2021/08/22
ガジェット 4
RTX3080 サーマルパッド交換

「RTX3080」のサーマルパッド交換に失敗しました・・・


初稿:2021.08.22
改稿:2021.08.29
このエントリーをはてなブックマークに追加

マイニングでもゲーミングでも負荷がかかると爆熱を発するRTX3080。
ネットで調べたところ、サーマルパッド交換で発熱を抑制できるらしいと聞いて、
早速挑戦してみた顛末の紹介記事です。



1.サーマルパッド交換前の「RTX3080」の状態



サーマルパッド交換前のワタシの「RTX3080」です。
ちなみに「RTX3080」のお値段は13万円~16万円で取引されているようです。

いざ使用して分かったことですけど、「RTX3080」はマイナーには扱いづらいかも・・・
マイニングする際にはGPUのオーバークロックするわけですが、
そうするとあっさりジャンクション温度が100度を超えてきます。

一瞬なら良いのですが、ジャンクション温度が100度以上の状態が続くとPCがフリーズ。
ヘタするとグラボが壊れるかも。

ということで、ワタシの「RTX3080」はこんな状態になっています。

「RTX3080」を外から冷却

何をするとこうなるのかをまずは簡単に紹介しておきます。



2.分解しないで冷却する方法



①サイドカバーを外す


PCのサイドカバーを外す。
マイニング専用リグを作っている方の多くはグラボむき出しにしてますよね。
ワタシの場合、ゲーミングPCのおまけなので、まずはサイドカバーを片側外しました。
BTOで売られているPCの中には廃熱機構が微妙なケースを使用しているところがあります。
ワタシの「RTX3080」搭載PCもまさにそれでした。
これで、100度を超えることは減りました。

②扇風機設置


扇風機の設置。
簡単にグラボを冷却する方法として有力です。
ただし、色々試した結果、グラボの廃熱を外に逃がしてあげた方が効率よいかもです。
思いのほか有効で、96度~94度になりました。

③ヒートシンク設置


ヒートシンク設置&ヒートシンクを冷やすファンを設置。
ヒートシンクにどの程度の効果があるのか疑問に思っていましたが、94度~92度に
なりました。ここまでやってクロックと電圧調整してハッシュレートは83Hash/秒程度。



3.「RTX3080」のサーマルパッド交換



がくがくぶるぶるしながら作業しました。

10万円以上のPCパーツをバラすんですから、初心者のワタシにとっては高すぎるハードル。
ということで、簡単にいきます。メーカーによっては解体すると保証がなくなるので要注意です。

摘出した「RTX3080」Gainward製

お分かりでしょうか?

サーマルパッド交換に必要なもの

サーマルパッド(厚さ2mm)が小さすぎること。
追加で購入したサーマルパッドは(厚さ1mm)でした・・・いけるのか?

購入する際は大きめを購入する事をおすすめします。

Thermalright シリコンサーマルパッド、冷却ラジエーターフィン、120x120x2mm 両面放熱シリコーンパッド、熱伝導性12.8 W/mk、軟らか材質、SSD CPU GPU LED ICチップセット冷却用 (2mm)

https://amzn.to/3mkR6Pq


エレクトロニッククリーナーは初めて見ました。
「RTX3080」のネジを外し、IDMIポートのある金属を止めているネジをはずしました。

バックパネルを外して、さらに基板を開きます。
この時コネクタ3本を外す必要があります。
でも、1本しか外せませんでした(無理したら破壊しそう・・・)

「RTX3080」をオープン

サーマルパッドはすべて交換しました。
2mmの分で足りないものは1mmのを2枚重ねて代替しました。
(熱伝導効率が落ちそうな予感・・・)

基板を適当に綺麗にして、CPUグリスを塗ります。

CPUグリスを塗りました

これで完了です。
あとは、組み立ててネジをとめていけば完了。
その中で、1本ネジバカになりました・・・大丈夫なのでしょうか?



4.「RTX3080」をぶっ壊す!



パソコンに「RTX3080」を設置。
ちゃんと補助電源ケーブルを接続して、PCの主電源をON。
電源投入しました。

「ビー!」

異音がしてパソコンは起動せず。


10万以上するPCパーツを破壊してしまったかも?!(汗)
ヤバイ汗が止まらず・・・

さてと、パソコンにぽっかり空いてしまったPCIEスロットに何を挿そうか(現実逃避)
いやーどうしたものか・・・

ここは開き直って動かない「RTX3080」をただのジャンク品だと思うことにしました。
怖いものはないです。
というわけでこの記事の続きは動かなくなった「RTX3080」の復活作業の予定です。

ちなみに持っていると役立つエレクトロニッククリーナー。
オススメです!

KURE(呉工業) エレクトロニッククリーナー (380ml) 電気・電子パーツクリーナー [ 品番 ] 3012 [HTRC2.1]

https://amzn.to/3glnCNG

というわけで、以下の記事に続きます。

【朗報】「RTX3080」サーマルパッド交換で死亡したグラボを復活させた!【仮想通貨マイニング】
https://yoshinagon.com/blog-entry-1866.html


<関連記事>


【BIOSTAR RADEON RX6600XT】買ってみた|見た目が格好良い!【暗号資産マイニング】
https://yoshinagon.com/blog-entry-1864.html

【LHR版 Geforce RX30xx】マイニング規制される前の「RTX3070」「RTX3080」を入手する方法【暗号資産マイニング】
https://yoshinagon.com/blog-entry-1862.html

【GAINWARD GHOST GeForce RTX 3060 Ghost】掘ってみた!|あれ、ヤバイ・・・【暗号資産マイニング】
https://yoshinagon.com/blog-entry-1861.html








Comments 4

There are no comments yet.

Cのひと

うわー

うわー マジですか・・

やっちゃいました感ぱないですね 汗
ウチの昨年購入した3080ではアフターバーナー使って推奨クロックでのマイニング中は高くても63℃です。
夏前は58℃でした。

そろそろ夏で中断していたマイニングを開始しようかなと思う今日この頃です。

2021/08/23 (Mon) 21:00
よしなベータ(よしなご)

よしなベータ(よしなご)

Re: うわー

時価10万以上のグラボなので・・・
これで終わらせるわけにはいきません・・・

動かなくなったRTX3080は怖くないので、
再解体してリトライしてみたいと思います(><)

>推奨クロックでのマイニング中は高くても63℃です。

ひょっとするとVRAMはもっと熱くなっているかもしれませんよ・・・
気をつけてくださいませ。

2021/08/23 (Mon) 22:15

Cのひと

おっしゃるとおり、VRAM温度は104℃でした・・
サーマルパッド&グリス交換も考えたのですが、他記事をみてびびったので(笑)、とりあえず一度ケースの蓋を「開けるだけ」を試してみました。

VRAMは95度~96度で安定してます。(室温30度)
ハッシュレートはLOW設定で89.8MHash/秒(よしなごさんと同じですね)

しばらくはこれで回してみます。

2021/08/29 (Sun) 14:10
よしなベータ(よしなご)

よしなベータ(よしなご)

Re: タイトルなし

サイドケース外すだけでも結構温度下がるんですよね。

グラボのメーカーによっても造りは違うようなのですが、
3080のバックパネルを外せるのであれば、
バックパネル外してVRAMとGPUの裏側にだけサーマルパッドを
追加で貼り付けるというのも手かもしれませんよ。

ちなみによしなごの今のハッシュレートは95.59MH/sだったりします。
温度は92度~94度
ファン回転率62%です(^^)

NiceHachQickMinerの「Medium」と「Lite」の設定を気分で切り替えつつ運用中です。

2021/08/29 (Sun) 14:35
ガジェット