【友達の妹が俺にだけウザい4】待望の水着会|菫先生の問題解決!?【感想】


ライトノベル「友達の妹が俺にだけウザい4」の感想


初稿:2020.09.24
改稿:2020.09.24

この記事はライトノベル「友達の妹が俺にだけウザい4」の感想記事です。
(ネタバレを含みます)
今のトレンドは「ウザ可愛い」ですね!




1.ライトノベル「友達の妹が俺にだけウザい4」とは





シリーズ4巻。
3巻で明照と彩羽は『縁結びの儀式』で山奥の祠に連れて行かれた後の続きです。
というわけで4巻のあらすじを確認しておきましょう。

あらすじ
いちゃウザ青春ラブコメ、待望の水着回!

「センパイ……。じゃあ、センパイは、私のこと……」

『縁結びの儀式』で山奥の祠に閉じ込められた明照と彩羽。
二人きりでのゼロ距離ウザ絡みを前に、難攻不落だった明照にある変化が訪れる。

一方、真白と“秘密”を共有した菫は、影石家の秘密を探るなかでひとつの決意を固めていた。
《5階同盟》の誰もが予想すらしていなかった菫の決断とは――。

そして、巻貝なまこの担当編集・カナリアが《5階同盟》に目を付けたことで、
明照はさらなる難題を突きつけられてしまい……!?
今度こそ海に行きます! 話題沸騰のいちゃウザ青春ラブコメ、
まだまだ夏休みな水着回の第4巻!!

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

引用元
https://amzn.to/33Pqxqy




2.ライトノベル「友達の妹が俺にだけウザい4」の感想



「友達の妹が俺にだけウザい4」真白の擁護
出典:ライトノベル「友達の妹が俺にだけウザい4」P.7より

4巻の序盤、明照と彩羽の『縁結びの儀式』のエピソードから始まります。
『縁結びの儀式』=「既成事実を作る場の提供」といった場所で明照と彩羽の
イチャイチャが描かれます。

他作品ですが修羅場系ラノベを読んだ後にこの作品を読むとギャップに一息つけます。
明照と彩羽にはずっとウザウザイチャイチャしててほしいです。
(待望の水着会でもありますし・・・)

それはともかく今作のメインテーマの一つは≪五階同盟≫イラストレータ担当の菫が
教師の職を選ぶのかイラストレータを選ぶのかってところです。
菫がどちらを選ぶのか見所です。
イラストは真白が菫を擁護するシーンです。
見所の一つだと思います。

そして菫の祖父の対応は4巻の見所の一つだとおもいます。

そのなかで読み手の判断にもよるのかもしれませんが、
菫本人にとっては祖父の判断はなかなか困るものですが・・・

明照と彩羽の関係は変わらずなのですが、
彩羽と≪五階同盟≫の関係について真白が気づいてしまいます。

真白自身も≪五階同盟≫の中で「巻貝なまこ」のペンネームで参加しているので
彩羽のことをとやかくは言えないのですが・・・
明照だけが彩羽の役割を知っていることに対して真白闇落ちを示唆するような形で
続刊へ続きます。







<関連記事>


【友達の妹が俺にだけウザい3】ショタコン菫先生のお見合い阻止作戦!|主人公アキは菫先生を救えるのか?!【感想】
https://yoshinagon.com/blog-entry-1729.html

【友達の妹が俺にだけウザい2】2巻にして分かりました|アニメ化されるべき作品です【感想】
https://yoshinagon.com/blog-entry-1711.html

【友達の妹が俺にだけウザい】妹ウザ開幕|ほんとにウザいのか?【感想】
https://yoshinagon.com/blog-entry-1710.html








更新順
小説