少年よガジェットを抱け!! TO BE WRITER!

【友達の妹が俺にだけウザい2】2巻にして分かりました|アニメ化されるべき作品です【感想】

2020/08/28
小説 0
いもウザ

ライトノベル「友達の妹が俺にだけウザい2」の感想


初稿:2020.08.28
改稿:2020.08.28

この記事はライトノベル「友達の妹が俺にだけウザい2」の感想記事です。
本作品はとてもいい感じになってきました!




1.ライトノベル「友達の妹が俺にだけウザい2」とは





1巻の引きが非常に秀逸で、2巻を購入せざるを得ませんでした。
ということで2巻のあらすじです。

あらすじ
いちゃウザ青春ラブコメ、大波乱の第2巻!

青春など人生の無駄。そう切り捨て効率的な日常を送りたい俺・大星明照は、
無駄の塊のような陽キャ女、友達の妹・小日向彩羽にあの手この手でウザ絡みされる日常を送っていた。

だがそんなウザくも平穏な日々は、俺の従姉妹にしてニセの彼女・月ノ森真白によって破られる。

真白が起こした波紋に揺れる俺達。そこに、さらに新たな危機が訪れた。

「大変だ、アキ。巻貝なまこ先生のシナリオが――浄化されてる! 」

同盟の要・巻貝なまこ先生がまさかの大スランプ。しかも彩羽と真白の様子もおかしい。
さらには何故か菫が〆切を守り始め……!?

大反響で重版続々のいちゃウザ青春ラブコメ、大波乱の第2巻!


引用元
https://amzn.to/31l8Lvw




【コミック版】友達の妹が俺にだけウザい 1巻
https://amzn.to/3gkbKIH



2.ライトノベル「友達の妹が俺にだけウザい2」の感想



img20200824_1001.jpg
出典:https://amzn.to/31l8Lvw

広告ウザ!(笑)

1巻とは違ってキャラクターがこなれた感じで動いているように感じました。
これはいいラノベになる予感です。

2巻は主人公明照くん君に対する真白さんのLIME(LINEではない)告白から始まるのですが、
2巻から入った読者に1巻も読ませたくさせる作り。
それはともかく・・・

今作のポイント。
真白に対しては正面から向き合う明照。
なのに彩羽に対しては相変わらず雑な態度をとる明照くん。

彩羽と明照の距離感に鼓舞されて真白は明照に告白したわけですが、
一方、真白のストレートな態度に危機感を覚える彩羽。
彩羽も真白をまねて清楚系で明照に接するのですが、
いつもと違う彩羽の態度に違和感しか感じない明照君・・・

そんな明照君に彩羽は
すねる彩羽。

どんだけ明照のこと好きなんだよ・・・
というわけで、1巻では描き切れなかったメインヒロイン彩羽の魅力がここにきて爆発した感があります。
彩羽可愛いですね。

そして自覚のないハーレム主人公明照くん。

「魅力的なヒロインたち」×「ハーレム鈍感主人公」=「ハーレム系ラノベのテンプレート」

そうです。
本作はハーレム系ラノベのテンプレートに完全に嵌っています。
それがゆえに約束された面白さがあるのです。

作中のイベントである演劇部の大会も結果として
結明照くんの率いるゲームサークル「五階同盟」のイベントとして成立しちゃいました。
「五階同盟」のイベントはラブコメイベントでもあるので、今作の最大の見どころです。

そして2巻終盤にも大きな伏線が仕込まれてきます。
それが終盤登場する大手ゲーム会社天地堂の社長さん。

もともと親戚でありゲーム会社ハニプレの社長である月ノ森とある約束の上で真白と
偽恋人関係を結んだ明照くん。

その前に天地堂の社長。そしてその正体は・・・
ラスボスとして登場しても違和感のないキャラだと思うのですが2巻で投入してきました。

作者は3巻で終わらせるつもりだったのでしょうか。
天地堂の社長が今後この作品にどのように関わってくるのか興味が尽きません。
というわけで3巻も購読することになりそうです。
というか3巻楽しみです。

本作は多分アニメ化が約束された作品といってもいいんじゃないでしょうか。
期待して待ちましょう。




<関連記事>


【友達の妹が俺にだけウザい】妹ウザ開幕|ほんとにウザいのか?【感想】
https://yoshinagon.com/blog-entry-1710.html

【俺を好きなのはお前だけかよ(14)】ついに運命の時|いつまでもラブコメではいられない!
https://yoshinagon.com/blog-entry-1639.html

【俺の妹がこんなに可愛いわけがない(14) あやせif 下】「あやせif」堂々完結!|あやせファンなら絶対納得の出来映え!【感想】
https://yoshinagon.com/blog-entry-1638.html









Comments 0

There are no comments yet.
小説