少年よガジェットを抱け!! TO BE WRITER!

【可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 5】お気に入りのヒロインを愛でる回|毎回そうじゃね?説【感想】

2018/06/21
小説 0

ライトノベル「可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 5」の感想


初稿:2018.06.21
改稿:2020.05.23

4巻で一区切りつきました。
新章開幕「可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 5」の感想です。


1.ライトノベル「可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 5」とは





4巻でシンデレラの正体が「瑞葉」であり、変態さんだと判明しました。
というわけでシンデレラ探しは前巻までで終了。
5巻の「あらすじ」を紹介します。

あらすじ
ついに瑞葉さえもが変態であることが発覚した。

もう終わりだ。

きっと俺を好きなまともな女の子なんて存在しない…いや、ちょっと待て。
俺のことを好きな女の子が変態なのであればその子が変態じゃなくなりさえすれば全ては解決なのでは?

「俺は、みんなを普通の女の子に変身させようと思う!目指せ、脱・変態!」

一方、合法ロリストーカーな小春先輩が落ち込んでいた。
何やら翔馬に浮気疑惑があるらしい。

筋金入りのロリコンイケメン、翔馬がそんな簡単にまともになれるはずがない!

小春先輩のためにも俺が疑惑を晴らさなければ!
中高生男子に圧倒的支持な変態湧いてくる系ラブコメ、
新章突入な第5弾!女子も読んでね!

引用元
https://amzn.to/36q6Uqa




04 桐生瑞葉 キャラアクリルフィギュア


2.ライトノベル「可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 5」の感想



表紙に登場するキャラクターは合法ロリ枠の先輩「鳳 小春」です。
ただし主人公「慧輝」君の「ハーレム」メンバーではないです。

さて5巻で主人公「慧輝」君は決心します。
まともな子を探すのではなく、「変態」さんを更生させようと。

というわけで4人のヒロインメンバを更生すべく「ゼロからはじめる調教生活」が始まります。
まあ、根っからの変態さんの集まりなので早々簡単に更生が上手くいくはずもないわけですが、
もう色々諦めてしまえばいいのに・・・

そして「瑞葉」さんはカミングアウトした後も可愛いです。
ヒロイン枠メンバの中でも戦闘力が高すぎます。
それだけに性癖もエッジが効いているわけですが・・・

そして「慧輝」君は「小春」先輩の恋の相談にのって、
彼氏である「翔馬」の浮気疑惑を明らかにするため、尾行(?)に付き合ったりします。

まんべんなくヒロイン達が可愛らしく描いているのがこの作品の良いところだと思います。
5巻のメインヒロインは強いていえば「南条 真緒」でしょうか。
「南条 真緒」は他のキャラクター達より控えめな印象ですけど、
ヒロイン枠の中でもっとも常識人枠なんだと思います。
(個人的には「じつは全員常識人なのでは?」という説もありますが・・・)

エピソードの中で「真緒」があることで、落ち込むのですが、
それを主人公の「慧輝」君が慰めるのがメインイベントです。

大きく5巻でストーリーが動くということはないので、
次のストーリーに向けての箸休め的な印象が強いですが、
お気に入りの女の子の可愛いエピソードを読んでニヤニヤしましょう。


「古賀唯花」1/8スケール 塗装済


<関連記事>
【可愛ければ変態でも好きになってくれますか?】可愛い変態さんが沢山湧いてくる|タイトルよりずっと上品です【感想】
https://yoshinagon.com/blog-entry-1073.html

【可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 3】いよいよ「シンデレラ」の正体が明らかに!|早くも物語が佳境に?【感想】
https://yoshinagon.com/blog-entry-1090.html

【可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 4】シンデレラの正体判明|物語はさらに盛り上がる!【感想】
https://yoshinagon.com/blog-entry-1207.html

【可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 8 】安定の面白さ!|アニメ化もされた良作【感想】
https://yoshinagon.com/blog-entry-1460.html

【可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 10】生徒会選挙終了|いよいよ物語も佳境へ向かうのか?【感想】
https://yoshinagon.com/blog-entry-1579.html

【TVアニメ 可愛ければ変態でも好きになってくれますか?】こんなに可愛いのに|変態でもいいんじゃない?
https://yoshinagon.com/blog-entry-1530.html







Comments 0

There are no comments yet.
小説