FC2解析
【陰謀】米中経済戦争・・・米国の目的は? - TO BE WRITER! TO BE AMBITIOUS!!

TO BE WRITER! TO BE AMBITIOUS!!

このブログでは使える海外製スマホやSIMフリーPCといったITガジェットやアニメ・ゲームの記事を書いてます。目指せブロガー!

【陰謀】米中経済戦争・・・米国の目的は?

Posted by よしなごん on   0  0

2017年11月米トランプ大統領が訪中したときのことを覚えてる人いるかな?

■故宮貸し切り…習近平国家主席は“現代のエンペラー”? トランプ大統領を異例の厚遇
https://www.sankei.com/world/news/171108/wor1711080049-n1.html

img20190617_001_20190609172406c6c.jpg
中国・北京の故宮で京劇を見るトランプ米大統領(中央左)と習近平国家主席(同右)=8日(AP)

 【北京=西見由章】中国の習近平国家主席は8日、北京を訪問したトランプ米大統領夫妻をもてなすため世界文化遺産の故宮を貸し切る形で夕食会を開き、異例の厚遇ぶりをみせた。北朝鮮の核問題への対応や経済貿易分野の交渉で両国間の溝が埋まらない中、中国側は首脳同士の親密な関係をアピールして「大国外交」を演出。明、清朝の壮大な宮殿を歴史遺構ではなく外交施設に利用することで、偉大な歴史を持つ大国に君臨する“エンペラー(皇帝)”としての習氏を国内外に印象付ける狙いもありそうだ。

 オバマ前米大統領が2009年11月に大統領として初訪中した際も故宮を訪れたが、1時間程度の参観にとどまり当時の胡錦濤国家主席による案内もなかった。一方、習氏は中国政府として初めて故宮で米大統領を歓待する夕食会を開くなど、トランプ夫妻の故宮滞在は3時間半に及んだ。

 中国中央テレビ(CCTV)などによると、トランプ氏とメラニア夫人の故宮訪問にあたっては習氏と彭麗媛夫人自ら敷地内を案内。文化財などが保存されている「宝蘊楼」で、両夫妻は午後の茶会を楽しんだ。一行は故宮内で伝統芸能の京劇の上演を楽しんだ後、夕食会を開いた。
 トランプ氏の孫娘で中国語を学ぶアラベラちゃん(6)が漢詩などを暗唱する動画をタブレットで見た習氏は、「彼女は中国で人気者だ」と中国訪問を勧める一幕もあった。

 トランプ氏の中国滞在は3日間と長くはないものの、中国側は「公式訪問+(以上の内容)だ」(崔天凱駐米大使)として高ランクの待遇で迎える構えをみせていた。世界文化遺産の「万里の長城」も北京の一部エリアは10日に閉鎖が決まり、トランプ氏が視察するとみられている。
(以下略)


この時日本国内メディアは米中の親密さを報じたものが多かったのだけれど、
じつは当時から北朝鮮問題、経済貿易問題はくすぶっていたわけです。

貿易問題のほかに中国による「一帯一路」の問題もありました。

実のところ2017年の11月時点で既に米国は中国に対する方針を決めていたんじゃないかと思っています。

すなわち

中国の「一帯一路」「軍事的拡大戦略」に対しては「自由で開かれたインド太平洋戦略」
中国の貿易不均衡に対しては「関税による制裁」


しかしてその先にある米国の目的とは・・・

それは「強い」中国の解体!

実は50を超える部族で構成される今の中国を分割して中小の中国にすることで、
安全保障上の脅威を抑止しようと考えているのではないでしょうか。

つか、これに尽きると思う。

米国の本音として世界の工場として中国の存在は無視できないものの、超大国「中国」は不要なんだと思う。

ぶっちゃけ貿易不均衡是正なんていうのはそのための言い訳でしかないと思っています。
そんなことを言えば米国にとって貿易が不均衡な国は日本を含め沢山あるわけで、
いったん米国に目をつけられたら最後、中国はバラバラになるとまで追いつめられるはず。

というか、ある一定のラインを超えると勝手に内部崩壊するのではないかと想像しています。

いずれにしても早く落ち着くのを期待するのみです。
戦争はゲームだけで十分ですもんね!









Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://yoshinagon.com/tb.php/1425-6964a79a