FC2解析
【ゲーム】Googleのクラウドゲームサービス「Stadia」 - TO BE WRITER! TO BE AMBITIOUS!!

TO BE WRITER! TO BE AMBITIOUS!!

このブログでは使える海外製スマホやSIMフリーPCといったITガジェットやアニメ・ゲームの記事を書いてます。目指せブロガー!

【ゲーム】Googleのクラウドゲームサービス「Stadia」

Posted by よしなごん on   2  0

メガドライブの時代からみると隔世の感がすさまじいクラウドゲームーサビスのお話。

サービスを簡単にイラストにするとこんな感じです。
SONYがサービス提供している「PS NOW」の延長線上にあるような仕組みだそうです。

img20190615_001.jpg

(Googleより)

プレイヤーが使用出来る画面や入力インターフェースにAndroidスマホやタブレットを
使用できるというのがポイント。

ゲーム機本体はインターネットを介した海外のデータセンター内のサーバ上にあるという感じです。
凄いといえば凄いのですが・・・スマホでヘビーにゲームしないのでピンと来ていないです。

プレイヤーの手元にある画面はGoogleのサーバで処理した映像をそのまま表示するだけなので、
今の4G世代のスマホで遊ぶとあっという間にパケット上限に達してしまいそう。
お外で「Stadia」するには4Gでは辛そうです。

あとは遅延ですね。
Googleのデータセンターまで物理的、ネットワーク的に遠いほど遅延するんですけど、
遅延が大きいと対戦格闘ゲームやレースゲームに致命的に影響でるんですよね。
先行する海外でのサービス開始でどんなものか見えてくると思います。

いずれにしてもこういった問題は5Gが本格的に普及するまで解決を待つ必要がありそう。

次は開始時期と料金。

■グーグルのゲームプラットフォーム「Stadia」、11月に日本以外14カ国で開始--月額9.99ドル
https://japan.cnet.com/article/35138134/

記事によるとサービス提供開始は今年の11月かららしいですが、日本は対象外。
ゲームやりたい放題で9.99ドル/月という戦略価格。

訂正
月額9.99ドルのStadia Proでは、映像は最高4K/60p、音声は5.1chサラウンドが利用可能。
さらにゲーム購入時に特別割引が利用できるとのことです。
また、追加料金不要でゲームソフト「Destiny 2: The Collection」がプレイできるそうです。
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1188961.htmlより)

(個別にタイトルを購入する基本使用料無料のコースもあるそうです)
ついこの間PSNが値上げした関係で費用だけみると「Stadia」の方が優位に見えるんですけど・・・

そしてStadia参入予定のゲームメーカーとタイトルは以下のとおり。

Bandai Namco:ドラゴンボール ゼノバース2
Bethesda:DOOM 2016、DOOM Eternal、The Elder Scrolls Online、Rage 2、Wolfenstein:Youngblood
Bungie:Destiny 2
Capcom:未定(今後発表予定)
Coatsink:Get Packed
Codemasters:GRID
Deep Silver:メトロ エクソダス
Drool:Thumper
Electronic Arts:未定(今後発表予定)
Giants Software:ファーミングシミュレーター 19
Larian Studios:バルダーズ・ゲート3
nWay Games:Power Rangers:Battle for the Grid
Rockstar:未定(今後発表予定)
Sega:Football Manager
SNK:サムライスピリッツ(Samurai Shodown)
Square Enix:ファイナル ファンタジーXV、トゥームレイダー ディフィニティブエディション、ライズ オブ ザ トゥームレイダー、シャドウ オブ ザ トゥームレイダー
2K:NBA 2K、ボーダーランズ3
Tequila Works:Gylt
Warner Bros.:モータルコンバット11(Mortal Kombat 11)
THQ:Darksiders Genesis
Ubisoft:アサシン クリード オデッセイ、Just Dance、ゴーストリコン ブレイクポイント、ディビジョン2、トライアルズ ライジング、ザ クルー2
https://wired.jp/2019/06/08/google-stadia-release/ より)

独占タイトルもあるものの・・・ちょっと微妙かも?

さすがに新しいプラットフォームに新規タイトルを投入するリスクはどこのメーカーも避けたいようで
PS3やPS4で既にリリース済みのタイトルが多い印象。

最終的にプラットフォームが普及するかどうかはタイトルにかかっているので、
2020年の日本へのサービス提供開始までに日本受けするタイトルが整うことを期待したいところ。
なんかPS5の登場時期と日本国内のStadiaサービス開始時期とかち合いそうな予感。

日本国内は当面PS4安泰の状況が続きそう。















このエントリーをはてなブックマークに追加

2 Comments

says...""
「ゲームやりたい放題で9.99ドル/月」という表現は誤解を生むので避けた方がよいのでは?
4K画質で5.1chサラウンドで遊べて フリーゲームとして提供されているものは遊び放題 それ以外のゲームは割引価格で買えるっていうのが課金コースなわけで
タイトルラインナップも「これらのゲームをサービス提供開始から購入できます」って公式HP(英語)に書いてあったはず
2019.06.15 12:19 | URL | #- [edit]
由★納言 says..."Re: タイトルなし"
> 「ゲームやりたい放題で9.99ドル/月」という表現は誤解を生むので避けた方がよいのでは?
> 4K画質で5.1chサラウンドで遊べて フリーゲームとして提供されているものは遊び放題 それ以外のゲームは割引価格で買えるっていうのが課金コースなわけで
> タイトルラインナップも「これらのゲームをサービス提供開始から購入できます」って公式HP(英語)に書いてあったはず

ご指摘ありがとうございます。
勘違いしておりました。

訂正させていただきます。
2019.06.18 21:39 | URL | #VZpbaD4E [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://yoshinagon.com/tb.php/1424-13857a4a