FC2解析
【ラノベ】「おにあい12」読了!!一応完結した! - TO BE WRITER! TO BE AMBITIOUS!!

TO BE WRITER! TO BE AMBITIOUS!!

このブログでは使える海外製スマホやSIMフリーPCといったITガジェットやアニメ・ゲームの記事を書いてます。目指せブロガー!

【ラノベ】「おにあい12」読了!!一応完結した!

Posted by よしなごん on   0  0

11巻の発売から4年も経ってしまった作品・・・
そう「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ12 (MF文庫J)」です。



内容(「BOOK」データベースより)
リリアナ祭初日の生徒会メンバーたちによる企画や、『新藤光一郎』サイン会の惨憺たる有様については、
この際おいておくとして!
実行委員会によるクーデターを阻止する為に、『ジュエル・オブ・リリアナ』獲得を目指す僕は、ある策略を展開する。
それは、銀兵衛と那須原さんの告白や秋子との関係など、溜めてきたツケを一気に清算して停滞を打破するための計画だ。
これが終わったあと、秋子や生徒会の面々とは、今まで通りにいかないのかもしれない。
でも、僕が勝ち取った平穏な生活を守り抜くためには、もうなりふり構っていられないんだ。
遂に佳境を迎えるブラコン妹ラブコメ第12弾!


この作品シリーズとおして中身が薄い作品で、よく言えば読みやすいんですけど、
読後感がほとんど残らりません。

しかしさすがに最終巻ともなると、今までの薄いノリだけではお話をたためないってこともあって、
きっちり盛り込んできました。

一番の特徴は主人公の性格を変えてきたところでしょうか。
11巻までの主人公の性格を覚えていないので、何とも言えないんですけど、覚悟を決めたハーレムラノベ主人公って感じに
変わってます。

それ自体悪いことではなくて、きちんとお話をまとめるために良い方向に働いています。

本作と「俺妹」の設定上の違いは主人公と妹ちゃんに血縁関係がないってところだと思います。
それを踏まえてどういう方向に落としどころをもっていくのか興味深いところでした。

安易に義妹エンドにするのか、ほかのヒロインとくっつくのか。
11巻まで読んでいた読者は結末をはっきりさせる意味でも読んだほうが吉。

ちなみにあとがき以降、同作者の新シリーズの紹介となってます。
結構なボリュームで載っているんで、雑誌じゃあるまいしええのか?って思ったりしました(苦笑)

ちなみに絵師「閏 月戈」さんの描くキャラクターは結構好きです。
イラストというより漫画に近いテイストがとても好感が持てますね!



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://yoshinagon.com/tb.php/1385-3a1174b4