FC2解析
【アニメ】「蒼天の拳 REGENESIS(第2期)」開始! - TO BE WRITER! TO BE AMBITIOUS!!

TO BE WRITER! TO BE AMBITIOUS!!

このブログでは使える海外製スマホやSIMフリーPCといったITガジェットやアニメ・ゲームの記事を書いてます。目指せブロガー!

【アニメ】「蒼天の拳 REGENESIS(第2期)」開始!

Posted by よしなごん on   0  0

かつてコミックバンチの目玉コンテンツとして連載されていたマンガ作品が原作。
二期が始まるということはこの「〇〇の拳」というシリーズが愛されている証左だと思う。

本作は言わずもがな北斗2000年の歴史史上最強のケンシロウの先々代のお話。

「蒼天の拳」について思うところがいっぱいあるので、涙を流しながら語ろう・・・


1.現実の世界と結び付けちゃラメ!

「北斗の拳」の超冒頭にあった北関東を制圧しようとして南斗聖拳シンのしがらみからか、
「修羅の国」を中国にしてしまったところが全ての過ちの始まり。

大陸に舞台を移せば魅力的な話になるのかと思ったのかもしれないけれど、
実際には中途半端に史実と絡めようとしたためにお話が堅苦しくなってしまった。

原作者神だとしてもこれは言いたい!

「修羅の国」は日本の「四国」にすべきであったと!!



2.北斗・南斗・元斗!!

南斗聖拳ぽい人は出てくるんだけど、南斗とは言わない・・・
なんなの・・・
北斗と南斗の因縁の歴史を語ればいいじゃん。
元斗と天帝の歴史を語ればいいじゃん。

登場した主要拳法は以下のとおり。

北斗神拳
北斗劉家拳
北斗曹家拳
北斗孫家拳
極十字聖拳
西斗月拳

一子相伝の北斗神拳に派生が多すぎるだろ!

南斗六聖拳はどこへ行った?!
元斗皇拳はどこへ行った?!

「北斗の拳」の中で「修羅の国」には北斗・元斗・南斗の源流となる拳法があったとかいう
伏線は確かにあったけど、全然「南斗」「元斗」の名前出てこないのは違和感なくない?



3.ストーリーはやっぱり武論尊先生か?!

原哲夫先生の画力は神。
ただストーリーは先生の一般常識が邪魔している気がする・・・

「北斗の拳」はそもそも無茶苦茶だったんだから無茶苦茶でいいじゃない。

蒼天の拳も武論尊先が関わっていれば破天荒な感じに仕上がっていたかもしれない。
あるいは巨大な馬「黒王号」に乗った巨人「ラオウ」のようなカリスマが誕生したかもしれない。

往年のジャンプ世代の漫画は無茶してナンボだと思うんですわ。

そんなわけでワタシは「北斗の拳 イチゴ味」で北斗世界を堪能したいと思います。



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://yoshinagon.com/tb.php/1339-e6c6cae0