FC2解析
【読了】「このすば14」「エロマンガ先生9」安定の面白さ。 - TO BE WRITER! TO BE AMBITIOUS!!

TO BE WRITER! TO BE AMBITIOUS!!

このブログでは使える海外製スマホやSIMフリーPCといったITガジェットやアニメ・ゲームの記事を書いてます。目指せブロガー!

【読了】「このすば14」「エロマンガ先生9」安定の面白さ。

Posted by よしなごん on   0  0

ラノベを二冊読みました。
一時期よりずいぶん読書ペースは落ちてるんですけど、その分読む作品を絞ってる感じですね。

■この素晴らしい世界に祝福を!14 紅魔の試練 (角川スニーカー文庫) 文庫 ― 2018/7/1
暁 なつめ (著), 三嶋 くろね (イラスト)


blog20180715_001.jpg

<あらすじ>
ゆんゆんの依頼で紅魔の里へ向かったカズマたちは、恒例となった頭の悪い歓迎を受けつつ、
族長試練の対策を練っていた。ゆんゆん曰く、二人一組で受ける試練で紅魔族らしい斜め上を
行く面倒な内容とのこと。なぜそこまでしてゆんゆんは族長を目指すのか?そこには里を想う、
彼女なりの考えがあり―。一方、夜な夜な爆裂魔法を放つ輩がいると騒ぎになり、真っ先に
疑われためぐみん。ゆいゆいの厚意で夜をともにしていたカズマは“爆殺魔人もぐにんにん”
の仕業であると知らされる。紅魔を恐怖に陥れる“爆殺魔人もぐにんにん”とは、一体…!?
全てのエピソードが終結する時、新たな扉は開かれる!



というわけで感想です。
酔っぱらったモードのカズマさんのチートっぷりがパないですね。
最弱のスキルを組み合わせて最強っぷりを見せつけてくれるわけですけど、最後は締まらない。。。
それがこの作品のいいところですね。
完全にめぐみんといい感じのカズマさんなんですけど、ダクネスにワンチャンないのかな。
あと今作未登場のアイリス様とかクリスとか、まだまだハーレム無双(夢想?)できそうな
キャラはいっぱいいるんですけどね。
新キャラの魔王軍幹部っぽい人もいい感じです。
バニルさんに弄られてる様は大変美味である!
にしても冒険者初心者の街に魔王軍の幹部が多すぎじゃ・・・
いちおうメインは表紙のゆんゆんの族長試練だったはずなんですけど、あんまり目立たなかったかな。

いずれにしても「このすば」らしく続刊にも期待したいです。




■エロマンガ先生(10) 千寿ムラマサと恋の文化祭 (電撃文庫) 文庫 ― 2018/7/10
伏見 つかさ (著), かんざき ひろ (イラスト)


blog20180715_002.jpg

<あらすじ>
恋と青春の文化祭編スタート!

『エロマンガ先生』待望の最新刊! 年下の先輩作家・千寿ムラマサがマサムネに……!?

「兄さん……一緒に、寝てもいい?」
紗霧との甘い日々を過ごしていたマサムネは、ムラマサの父・麟太郎に呼び出される。
千寿ムラマサのえっちすぎる新作小説が大騒動を巻き起こす!
秋――『青春の思い出』を作るため、ムラマサの通う女子校の文化祭に赴いたマサムネたち。
「兄さん! お嬢様の群れをジックリと観察したい!」
「クラスの人気者ですよ、花ちゃんは」
「千寿ムラマサ先生は文芸部の神です」
コスプレ喫茶に占いの館、エルフのミスコン出場などなど、文化祭を巡るうち、
謎に包まれていた梅園花の学生生活が明かされていく。そして運命の後夜祭へ……。



表紙のイラストでムラマサ先輩にほとんど持っていかれます(笑)
今作は主人公君がサギリちゃん一筋なわけですけど(婚約までしちゃってるけど)、
もう少しほかの女の子と付き合う感じをだしても良いんじゃないの?って思ったりするんです。
ひたすらサギリちゃん以外の子が主人公に振られるだけのお話になってしまいそうで、
ちょっと切ないですね。

つかサギリちゃんが寝取られ属性に目覚めつつあるような感じなので、ハーレムルートも
無きにしも非ずか??

続刊に期待しつつも、
あとがきに進捗報告のあった「俺妹」の「あやせif」も順調に進んでいるようなので
期待して待ちたいですね。


Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://yoshinagon.com/tb.php/1296-229301dc