FC2解析
【任天堂SWITCH】現状分析|壊れやすいけど優等生! - 少年よガジェットを抱け!! TO BE WRITER!

少年よガジェットを抱け!! TO BE WRITER!

このブログはガジェットやアニメ・ゲームの記事を発信しています。

【任天堂SWITCH】現状分析|壊れやすいけど優等生!

Posted by よしなごん on   0  0


【任天堂SWITCH】現状分析|頑張れ「SWITCH」!


初稿:2018.01.17
改稿:2020.03.03

任天堂のゲーム機というと「WiiU」のネガティブなイメージが先行します・
そういった状況で「SWITCH」がどこまで頑張れるか予想したいと思います。


1.任天堂ゲーム機「SWITCH」とは





「SWITCH」のスペックを今更紹介しても仕方ないので、
ここでは新型「SWITCH」の特徴について簡単に紹介しておこうと思います。

新型「SWITCH」特徴
「Nintendo Switch」にバッテリー持続時間が長くなった新モデルが登場。
※「Nintendo Switchソフトなどのダウンロードに使える
  3000円クーポンプレゼントキャンペーン」対象外となります。

【バッテリー持続時間】約4.5~9.0時間(現行モデル:約2.5~6.5時間)
※遊ぶソフトによって、持続時間が変わります。
※例えば『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』では約5.5時間です。 (現行モデル:約3時間)
※目安の時間です。使用状況によって、短くなることがあります。"

【Nintendo Switchの3つのプレイモード】テレビでゲームを楽しむ「TVモード」
テレビにつなぎ、迫力の大画面でじっくりゲームを楽しんだり、
家族や友達同士のホームパーティなど、リビングに集まってゲームを楽しんだりすることができます。

楽しいをおすそわけ「テーブルモード」本体のスタンドを立てて、
Joy-Conを分け合えば、外出先などテレビのない場所でも、画面をシェアして、
対戦や協力プレイを楽しめます。
大きく美しいディスプレイを持ち歩く「携帯モード」通勤や通学の移動中など、
場所を選ぶことなく、いつでも、気軽にゲームをプレイすることができます。
気の合う仲間と集まって、ローカル通信でゲームを一緒に楽しむこともできます。

引用元
https://amzn.to/2wmv1bg


個人的には「SWITCH LITE」の方がそそられるのですが、あちらは完全に携帯ゲーム機なので
ここでは据え置きゲーム機としての「SWITCH」について語りたいと思います。


2.任天堂ゲーム機「SWITCH」の予測



ということで「WiiU」のローンチ一年を思い出してみよう。


■「WiiU」のローンチ1年間の任天堂タイトル
12月8日New スーパーマリオブラザーズ U
12月8日Nintendo Land
3月28日ゲーム&ワリオ
7月13日New スーパールイージ U
7月13日ピクミン3
7月25日レゴシティ アンダーカバー
8月24日The Wonderful 101
9月26日ゼルダの伝説 風のタクト HD
10月17日レイマン レジェンド
10月31日Wii Party U
11月21日スーパーマリオ 3Dワールド
12月5日マリオ&ソニック AT ソチオリンピック



2012年末のローンチして2013年末までのサードを含むタイトル数は47本。
マリオやピクミンはあるものの、他はパーティ系ゲームやGC版の焼き直しなんかで
1年目を闘うにはファーストにしても弱いかなぁ。
タブコンの使い道が謎すぎて足を引っ張ったんだろうなぁ。。。


■「SWITCH」のローンチ1年間の任天堂タイトル
3月3日1-2-Switch
3月3日ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド
4月28日マリオカート8 デラックス
6月16日ARMS
7月21日スプラトゥーン2
10月27日スーパーマリオ オデッセイ
11月10日いっしょにチョキッと スニッパーズ プラス
12月1日ゼノブレイド2
1月18日マリオ+ラビッツ キングダムバトル
2月17日ベヨネッタ2
3月16日星のカービィ スターアライズ



一方「SWITCH」は2017年3月のローンチから2017年12月末まででサードを含むと51タイトル。
(ちなみに「Wii」は2006年末ローンチで2007年末までに122タイトル発売されているぽい。)

ゼルダ、マリカー8(WiiU向けの焼き直しなので新規みたいなもん)、スプラトゥーン2、
マリオ、ゼノブレイドとゲームのジャンルも幅広くカバーしていて何を選んでも満足できる
ものを用意出来たことは良かったと思う。

ハードのバカ売れ状況を含めて「Wii」と「Switch」は大差はないような気もするけれど、
「SWITCH」の方が骨太なタイトルをローンチ一年目に揃えてきたことは間違いないですね。

他のハードとのマルチも多くなると思うけど、持ち運びできる据え置き機というのは
なんだかんだいってメリットですわな。。。ライトユーザーには30fpsか60fpsかなんて
さほど興味ない話だろうし。

2020年になるといよいよSONY「PS5」の足跡が聞こえてきました。
おそらく「SWITCH」と「PS5」では価格帯が全く違うので単純に競合はしないと
思われますが、ハード戦争がどのように展開するのか気にはなります。

ハードのスペック自体、「SWITCH」でも十分に綺麗で面白いゲームが作れる状況にあると
思っているので引き続き独自のゲームを沢山リリースして欲しいですね!








このエントリーをはてなブックマークに追加

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://yoshinagon.com/tb.php/1198-f0bd755b