FC2解析
【ゲーム】任天堂「SWITCH」飛躍・・・去年一年を振り返る。 - TO BE WRITER! TO BE AMBITIOUS!!

TO BE WRITER! TO BE AMBITIOUS!!

このブログでは使える海外製スマホやSIMフリーPCといったITガジェットやアニメ・ゲームの記事を書いてます。目指せブロガー!

【ゲーム】任天堂「SWITCH」飛躍・・・去年一年を振り返る。

Posted by よしなごん on   0  0

「SWITCH」ですけど、完璧な製品とまでは言えないまでも消費者のツボを突いた良いゲーム機です。
「WiiU」の悲惨な状況から一転して昨年一年は大攻勢だったと思います。

任天堂の気合の入りっぷりはソフトの断続的投入からみても明らかですね。
沢山ゲームはリリースされているんですけど、ここでは有名どころをピックアップして
見てみませう。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■3月(ローンチ)
「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」★
「ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch」

■4月
「マリオカート8 デラックス」★

■5月
「Switch Minecraft: Nintendo Switch Edition 」

■6月
「ARMS」★

■7月
「スプラトゥーン2」★

■8月
「モンスターハンターダブルクロス Nintendo Switch Ver.」
「ONE PIECE アンリミテッドワールド R デラックスエディション」

■9月
「FIFA 18」
「ファイアーエムブレム無双」★
「ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX」
「ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ」
「ウイニングポスト8 2017」
「ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch」

■10月
「スーパーマリオ オデッセイ」★

■11月
「信長の野望・大志」
「バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション」
「シノビリフレ -SENRAN KAGURA- 」
「ソニックフォース」

■12月
「リディー&スールのアトリエ 〜不思議な絵画の錬金術士〜」
「ワンピース 海賊無双3 デラックスエディション」
「ゼノブレイド2」★

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
★は任天堂関連作品です。

ほぼ毎月のように任天堂のメジャー作品をリリースしているのが見て取れます。
「WiiU」の失敗を学んでるだけあって、ソフトのラインナップは本気です。
併せてサードパーティも少しずつではあるものの、「Switch」でワンチャン狙って
結構頑張ってタイトルをリリースしています。

「任天堂ソフトしか売れない」とか言われてますけど、まだ国内で300万台しか
普及していないゲームハードなので、最初は基礎研究的な先行投資という意味合いも
大きいと思っているのでさらに充実することに期待してます。

そして「SWITCH」本体の供給不足に対してクリスマス商戦対策として12月までに増産体制を整え
大量に家電量販店に投入してきました。
11月から12月末にかけて100万販売しているとのことで任天堂はガチですね。

おかげで品不足は大幅に緩和されてクリスマスの後はネットショップでも標準価格相当で
購入できる状況になりました。実店舗でもおおむね購入できるようになっていると思います。

blog20180104_01.jpg


転売屋の連中のおかげでえげつない価格で売られていた「SWITCH」本体ですけど、今や
ヤフオクを見ると、転売屋は即死状態ですね(笑)

さて今後の目玉作品ですけど。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
■2月
「The Elder Scrolls V: Skyrim(ザ エルダースクロールズ V:スカイリム)」
「ベヨネッタ2」★

■3月
「蒼の彼方のフォーリズム for Nintendo Switch」

■春
「星のカービィ スターアライズ」★

■夏
「戦場のヴァルキュリア4」

■年内
「ファイアーエムブレム」完全新作(仮題)」★

■未定
「真・女神転生V」
「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」
「ダービースタリオン(仮題)」
「テイルズ オブ」シリーズ(仮題)」
「ポケットモンスター シリーズ最新作(仮題)」★
「メトロイドプライム4(仮称)」★
「ベヨネッタ3」★

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

一年目にマリオ・ゼルダ・スプラトゥーン2と息の長いソフトリリースして
任天堂的には二年目以降はサードパーティの主力タイトルの投入にシフトしていく感じでしょうか。
それでもポケモンやスマッシュブラザーズなんかの超大人気タイトルはまだ温存しているので、
ハードが稼働しない時期が生じないように調整してくるとは思います。

期待してよいと思います。





Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://yoshinagon.com/tb.php/1185-df89a140