FC2解析
【クズ】亡命宣言した小西議員が佐藤副大臣の罷免を求めた件 - TO BE WRITER! TO BE AMBITIOUS!!

TO BE WRITER! TO BE AMBITIOUS!!

このブログでは使える海外製スマホやSIMフリーPCといったITガジェットやアニメ・ゲームの記事を書いてます。目指せブロガー!

【クズ】亡命宣言した小西議員が佐藤副大臣の罷免を求めた件

Posted by よしなごん on   0  0

小西議員に票を投じた千葉県選挙区の国民は大いに反省をすべきだと思う。
もちろん国会でのやりとりを踏まえて投票するか否かを決めるわけで、選挙の時にはこんなクズだとは
思わなかったという考え方もあるけど・・・

小西議員が指摘したのは佐藤副大臣の服務宣誓。
-------------------------------------------
■佐藤氏、自衛官服務宣誓で決意
(REUTERS 2017年12月5日 / 19:55 )
https://jp.reuters.com/article/idJP2017120501002145
(一部引用)
委員会の所信聴取で、佐藤氏は服務の宣誓を引用する形で「事に臨んでは危険を顧みず、身をもって
責務の完遂に務め、もって国民の負託に応える決意だ」と述べた。佐藤氏は元陸上自衛官で、イラク
派遣部隊の指揮官を務めた。
-------------------------------------------

佐藤副大臣が言わんとしているのは職務を全うする上での覚悟を述べただけである。

小西議員によれば自衛隊以外に対してはこの覚悟は当て嵌まらないという。

公務員といっても幅広いわけで、警察や消防、医療場合によっては学校の先生もそうだし、
当て嵌まる公務員も少なくないと思うし、各個人がそのような覚悟の元職務を遂行することに
別になんの問題も無いと思うし、佐藤副大臣の立派な覚悟だと思う。

佐藤副大臣が元陸上自衛隊であるという「レッテル」のもと、自衛官服務宣誓を引用しただけで、
軍国主義への回帰云々などと遠吠えるのは言いがかりも甚だしい。

さて、この小西議員が8か月前にどんな発言をしているのかみてみませう。

blog20171220_01.jpg

「正直なところ、安倍内閣の解釈変更が法論理も何もない不正行為であることを暴き、すなわち違憲の
絶対証明を行い、今なお信念に基づきこれを追及している
私は、共謀罪が成立すると本気で国外亡命を
考えなければならなくなると覚悟している。

日本社会が変わるのは一瞬であることは歴史が証明している」


つまり小西議員は共謀罪が成立すると国外亡命をするなどと言っているわけで、
「事に臨んでは危険をみて、責務の完遂は放棄して、
もって国民の負託なんて知ったことか」って
言っちゃってるわけです言外に!

小西議員。。。何この人。。。

このあと意味のわからない言い訳をしているが、あなたが罷免されるべき。

好きな国へ亡命しなはれ。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://yoshinagon.com/tb.php/1170-30332dc7