【今田×東野のカリギュラ】まさかの「ウォーキングデッド」回|配信サービスの強み!【Primeビデオ】


Amazon Primeビデオ「今田×東野のカリギュラ」11話の感想


初稿:2017.09.08
改稿:2020.08.09

この記事はAmazon Primeビデオ「今田×東野のカリギュラ」「ウォーキングデッド」回の感想です。
控えめに言って最高でした。



1.Amazon Primeビデオ「今田×東野のカリギュラ」とは



blog20170908_02.jpg
引用元:Amazon Primeビデオ「今田×東野のカリギュラ」より

番組の内容は以下のとおり。

概要
カリギュラ」とは禁止されるほど試したくなる心理現象。
地上波放送では、禁止された企画書の数々。
マニアックすぎて視聴率が見込めない。
コンプライアンス的にNG。くだらな過ぎる。

しかしそんな禁止された企画書の中には宝が埋もれている。
一度は闇に葬りさられた企画がいま蘇る!
※当番組は、番組の性質上、ご覧になられる方によっては一部不適切と感じられる場合がございます。
予めご了承の上、お楽しみ下さい。(C)YD Creation

引用元
https://amzn.to/2Dqbsmw




2.「ウォーキングデッド」回の感想



blog20170908_03.jpg
引用元:「今田×東野のカリギュラ」第11話より

[11話の内容]
世界を席巻するアメリカの人気ドラマ「ウォーキングデッド」。
その影響で世界的にゾンビブームが巻き起こっている。
そこで、本気でゾンビになりたい芸人たちが「ウォーキングデッド」の出演を目指し、
勝手にオーディションを開催!サバイバル形式で行われるオーディションは修羅場の連続。
果たして最後まで生き残るのは!?(C)YD Creation


この回は誰得な回でした^^;
確かに米FOXの看板ドラマ「ウォーキングデッド」は面白いんですけど、
このオーディションは全然関係ない^^;

しかもゾンビは特殊メイクした芸人さんです。
あと「ウォーキングデッド」の日本国内での知名度はいうほど高くもないし、
完全番組の作り手の自慰な感じでした。

でも、ですよ、
そういうところがNet配信のよいところでもあると思います。
くだらないことを一生懸命やることに「笑い」の要素があるのだと思います。

カリギュラ自体、毎回内容が違うので、回によっては自分に合わない場合も
あるのですが、これからも好きなようにやって欲しいです。

地上波では見れないこういう番組を見る事が出来るのが、NET配信の強みだと思います。。



<関連記事>
【野性爆弾のザ・ワールド チャネリング】色々酷くて面白い!|クリックしたら自己責任!
https://yoshinagon.com/blog-entry-1065.html

【Amazonプライム ドキュメンタル3】松本人志プレゼンツ|危険なお笑い番組第3弾!
https://yoshinagon.com/blog-entry-1062.html

【Netflix 呪怨 呪いの家】伽椰子と俊雄が登場しない?|完全オリジナル作品【感想】
https://yoshinagon.com/blog-entry-1654.html







更新順
NET配信